風営法を知ろう
ribbon

風営法の対象業種とは

飲食店を経営する際に、必ずと言って必要となるのが役所への届け出です。そしてこれらの届け出は、業種によっては風営法の対象に入るものもあります。そしてもしその業種が風営法の対象となる際には、必ず各都道府県公安委員会に届け出を出さなければ、公的な営業が認められません。
さてそれでは、この風営法の対象となる業種というのは、具体的にどのような業務形態の店があてはまるのでしょうか。まずこの風営法に当てはまる項"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

風営法とお酒について考える

風適法とは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律のことをさします。この法律は一般的に風営法の呼び方が表現されることが多いです。具体的には、お客様に酒や食事などを提供したり、ホステスやホストのような従業員の接待サービスを施す営業をメインにしているお店が対象となっています。代表的なものとしては、接待サービスが中心になるキャバクラやホストクラブ、お酒を飲むことがメインのバーやスナックからギャン

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

居酒屋は風営法の風俗営業ではありません

最近では、金曜日や土曜日などの休前日には明け方まで営業している居酒屋が増えてきており若い人たちで賑わっています。キャバレーなどの風営法で許可が必要である風俗営業は、午前零時から日の出までは営業することが認められておらず、原則としては午前零時以降は営業できないのに対して、居酒屋はお酒を飲んだり飲食をする営業ですが午前零時以降も営業をすることが可能です。飲食やお酒を提供するという点ではどちらも共通する

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

風営法の風俗営業の営業時間の規制

最近では、人々の活動する時間に制約がなくなり、深夜まで営業している店舗が多くあります。電車やバスといった公共交通機関は、深夜を過ぎた頃に最終電車や最終バスが運行され、交通機関は始発までその活動を休止します。しかし、若い人たちを中心とした活動はその後も続き、コーヒーショップや牛丼チェーン、コンビニエンスストアなどには24時間営業を掲げる店舗も少なくありません。居酒屋の中にも、金曜日や土曜日などの休前

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

風営法での決められている営業時間は大切。

どんなお店でも、夜に営業しているお店ならば風営法というのが定められていて、営業時間も決まっています。
ちゃんと国や市に営業を行っているという書類を提出しなければ夜間の営業ができないのもひとつですが、
それよりも時間の決まりは風営法によって厳しく決められています。
この時間を破ると、店の長が逮捕もしくは勾留されてしまったり、罰金や営業停止などの罰則もあります。
この風営法というのは、文字の通り風紀を"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新